ひんやり、つるり。みずみずしい『笹巻麸』。

なま麸のもっちりとした弾力と、つるりとした舌触り
なめらかで甘さ控えめの餡が特徴です。

お料理屋さんのお買い上げ商品の中でも上位の一品。
仕出し、お弁当には欠かせない笹巻麸の
美味しさの秘訣をご紹介します。
 



 

 

お麸屋が作る「笹巻麸」は、小麦粉から抽出した、
生の小麦たんぱくを原料に作っています。

これこそが、“つるりとなめらかなで弾力のある”
食感の秘訣。


 

お客様が召し上がるときに、
この生地が一番良い状態になるよう、
気温や水温、つくる人の手の温度によって
どんどん変化する生地と、対話しながら作っています。


 

ちなみに、笹の葉で巻いているのは、
見た目の清涼感や香りを楽しむだけでなく、
笹の葉の殺菌効果で、お弁当に入れても
腐りにくいという、昔の人の知恵です。

 



 

 


半兵衛麸の「笹巻麸」は、京料理の仕出しや

お弁当の一品として、長年ご愛顧いただいています。

食事の途中に召し上がられても、お料理の味を
邪魔しないように、甘さ控えめのこし餡を
包んでいます。
甘いものが苦手でも、「もう一つ」と
おっしゃる方も。
 



 

 

笹巻麸は、作りたてより2日目3日目が
より美味しいのをご存じですか?

作りたてのみずみずしさもいいのですが、
一日寝かせると、生地とこし餡がなじみ、
一層美味しくなります。

お麸屋がひとつひとつ手作りしたほんものの麸まんじゅう『笹巻麸』を
是非、ご賞味くださいませ。


笹巻麸

笹巻麸カットイメージ

巾着麸


お祝い事などにはい草で結んだ「巾着麸」

【↑画像をクリックしていただくと商品詳細に移行します】